本文へ移動
認知症ってなに?


『認知症』とは
 認知症とは
 認知症は、後天的に生じた物忘れと他の大脳高次機能障害のために、社会、職業生活上に支障を来し、日常生活上の自立性が失われた状態と定義されています。言葉をかえれば、記憶障害に、理解・判断力障害をともなった状態といえます。出現する症状は疾患によっても、個々の患者の病期によっても異なります。
 
 認知症をきたす病気の種類
 認知症を来す疾患は数多くありますが、アルツハイマー型認知症が全体の80%と最も多く、高齢人口の増加にともなって急速に増加しています。2番目に多いのは脳血管性認知症です。次いでレビー小体型認知症、前頭・側頭型認知症の順になります。
 治る認知症としては、慢性硬膜下血腫はよく知られていますが、最近ごく稀な疾患でありながら正常圧水頭症が注目されています。
 早期発見の必要性が唱えられる理由のひとつは、このような改善が期待できる認知症があるためです。

 認知症と間違えやすい病態
 認知症と区別する上で問題になるものに、50歳頃から始まる「ど忘れ」、うつ病、せん妄、軽度認知障害があります。
 加齢現象による良性健忘は、いわゆる「ど忘れ」と呼ばれるもので、とっさに人の名前が出てこないことや鍵や眼鏡の置き忘れなどがあっても、後で思い出すことができるものです。
一方、認知症の悪性健忘は、同じように約束しても、置き忘れやしまい忘れをしても、後で思い出すことができません。体験のすべてが残っていないので「知らない」とか「聞いてない」という返答になります。
 表情の乏しさ、活気のなさなど共通した症状がみられ、うつ病との区別は難しいことがしばしばあります。うつ病は、誘因をきっかけに亜急性に発症して、ゆううつ気分が必ずみられますし、それに食欲低下、頭重感、不眠も必発症状です。これらの点を問診で聞き出すことが重要です。何をするのも億劫で考えがまとまらず、集中できない症状のために仮性認知症を呈しているのであって、うつ病の改善とともに完全に回復します。
 せん妄は、浅い意識障害のため状況判断ができない状態で、注意の集中が困難なので一見認知症状態に似ています。急激に発症して、夜間に悪化し昼夜逆転がみられるようになります。とんちんかんな受け答えをして落ち着きがなく、徘徊や無目的な動作、幻視に左右される行動などが観察されます。
 高齢者では骨折や肺炎のような身体疾患だけでなく、薬剤の副作用、あるいは配偶者との死別や転居などの心理的要因も原因となります。
 最近、軽度認知障害という概念が話題になっています。生理的な加齢を超えた、本人および周囲が認める記憶障害はあるが、日常生活は自立できている状態です。これは生理的老化と認知症のちょうど中間に位置づけられるが、大部分は将来アルツハイマー型認知症に移行します。
                                      2012年11月 
                              よしなが神経内科クリニック  好永 順二